裏・うちの宝石猫

「うちの宝石猫」ブログ の裏話をご紹介 ⇒ のんびり更新していきます

08月« 09月/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前の由来~ベリル


ベリル(BERYL)っていう名前。
結構、気に入ってます。

ベリルは「シャルトリュー」っていうフランス出身のお猫様の種類です。
生まれたのは、東京の「ソレイユルヴァン」というキャッテリー。
2006年10月のことです。

このシャルトリューというお猫様達には、
生まれた年度によって、名前の最初のアルファベットを決める
という世界ルールがあるのです。

もちろん、絶対ではないので好きな名前を付けて構わないのですが、
せっかくなら世界ルールに乗ってしまえ~ってことにした訳です。

そうです・・・2006年は「B」で始まる名前の年度だったのです。

日本語・英語・ドイツ語の辞書を片手に、三日三晩考えた末に
「BERYL」と決定しました。
(BERYL→緑柱石。鉱物の種類で、エメラルドやアクアマリンなどはベリルです!)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
↓  ↓  ↓
「緑柱石」と「ベリル」
宝石質の緑柱石を表す言葉として「ベリル」が使われることがある。英語圏で Beryl という単語は緑柱石という鉱物を指すが、宝石名として鉱物名と区別せずに用いられることがあるため、それが海外から流入し、「ベリル」が宝石質の緑柱石をさす言葉として、定着したものと考えられる。ベリル(宝石質の緑柱石)は緑から青の色の帯域を持つ。


ちなみに、ベリルの兄弟猫様達も、みんな「B」で始まるお名前でした。
ビジュー君、ビズ君、ビアンちゃんです。
みんな、素敵なお名前。
ベリルに「BAKABON」とか、命名しなくて良かった・・・。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。